ギャザ速
アモンケット 通販サイト

次期環境注目の降霊術デッキ


MTG デッキレシピ
幽霊となって甦る



スタンダードで墓地を活用するデッキと言えばなんでしょう。
まず真っ先に思いつくのはリアニメイトですね。
その次に《ルーン唱えの長槍》を使うデルバーや、太陽拳が出てくるでしょう。

しかしながら墓地活用といえば、このカードを使うものもあるのです。

Pop-a-Lot Super Series Event #8 12 Aug 2012
Jacob Dunn

メインボード(60)
土地(25)
1 進化する未開地/Evolving Wilds
2 孤立した礼拝堂/Isolated Chapel
4 氷河の城砦/Glacial Fortress
4 平地/Plains
3 山/Mountain
3 島/Island
4 硫黄の滝/Sulfur Falls
4 断崖の避難所/Clifftop Retreat

クリーチャー(14)
4 幻影の像/Phantasmal Image
3 太陽のタイタン/Sun Titan
3 石角の高官/Stonehorn Dignitary
2 ウスーンのスフィンクス/Sphinx of Uthuun
1 鏡狂の幻/Mirror-Mad Phantasm
1 研究室の偏執狂/Laboratory Maniac

呪文(21)
4 禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy
1 熟慮/Think Twice
4 信仰無き物あさり/Faithless Looting
3 審判の日/Day of Judgment
2 堀葬の儀式/Unburial Rites
3 降霊術/Seance
2 忘却の輪/Oblivion Ring
1 熱情/Fervor
1 ファイレクシアの非生/Phyrexian Unlife

サイドボード(15)
2 大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite
1 嵐潮のリバイアサン/Stormtide Leviathan
2 先駆のゴーレム/Precursor Golem
2 士気溢れる徴集兵/Zealous Conscripts
1 シルヴォクののけ者、メリーラ/Melira, Sylvok Outcast
2 鞭打ち炎/Whipflare
1 ファイレクシアの非生/Phyrexian Unlife
1 忘却の輪/Oblivion Ring
2 石のような静寂/Stony Silence
1 金輪際/Nevermore

参照元
http://www.mtgpulse.com/event/9942#136115

降霊術
《降霊術》を使ったデッキです。
殆ど見たことはなかったのですが、海外の大会で結果を残しています。
緑を除いた4色デッキですね。

信仰無き物あさり 禁忌の錬金術
このカードらを使うことで、墓地を肥やします。
《信仰無き物あさり》は、1マナで手札を調整しつつ、墓地を肥やせるのでとても便利です。
普通に唱えるとアドバンテージを失いますが、フラッシュバックで唱えるとアドバンテージを失いません。
3マナなのでそれほどテンポを阻害しないのもいいですね。
《禁忌の錬金術》は欲しいカードを探しつつ、墓地を肥やせます。
ビート相手だと《審判の日》を探す場面が多いですね。
7マナと重いですが、フラッシュバックでアドバンテージを稼ぐこともできます。

入っているクリーチャーは個性的なものが多いですね。
《幻影の像》と《太陽のタイタン》コンボも搭載ずみです。
そんな中でも降霊術ならではカードがこちら。

鏡狂の幻  研究室の偏執狂
《鏡狂の幻》と《研究室の偏執狂》です。
どちらも見かけないカードですね。
《鏡狂の幻》は、2マナ払うことで戦場からライブラリーに戻り、同じ《鏡狂の幻》の名前を持つカードを再び戦場に出します。
2マナで単体除去をかわせるのでなかなかの能力です。
《研究室の偏執狂》は、本来なら負ける状況を勝ちに変えてくれます。
そのためにはライブラリーをなくさないと駄目なんですが、かなり大変です。
そこで《降霊術》の出番です。
相手のアップキープ時に《降霊術》で《鏡狂の幻》トークンを出して、能力を起動します。
すると、デッキに《鏡狂の幻》がないので、自分のライブラリーが全部墓地へ。
そして自分のアップキープの開始時に、《研究室の偏執狂》トークンを出せば、こちらの勝ちです。
墓地対策されると負けてしまいますが、それもまた一興です。

《降霊術》の欠点として、出てきたトークンが攻撃できないという欠点があります。
それを補うのがこちら。

熱情
これが場にあれば、速攻を持つので攻撃することができます。
《太陽のタイタン》と《幻影の像》コンボも更に強化されますね。
単体で仕事をしないのが残念な点です。

普通にリアニメイトする動きもあるので、デッキのバランスはとてもいいと思います。
メインボードにもサイドボードにも、《降霊術》と相性のいいカードが入っていますね。
デッキリストを見ていて、なかなか面白いです。

RTRで優秀な「戦場に出たとき、~~」 という能力を持つカードが出たら、《降霊術》を思い出すといいでしょう。
《降霊術》で自分の墓地を活用しつつ、相手を混乱させる動きができたら楽しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 次期環境注目の降霊術デッキ
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
[`grow` not found]
Share on GREE

  【ニコニコミュニティ】
ギャザ速Act2の生放送
ギャザ速 M:tGデッキレシピギャザ速 黒スレ ギャザ速 黒スレギャザ速 雑記




PRゾーン

('д`)ノ < 広告ですよ

2 Comments »

  1. 匿名 より:

    タイタンが像と熱情を引っ張ってきて速攻12点パンチとかエグいなw

  2. 匿名 より:

    面白いけどファイレクシアの非生だけはよくわからないですね…

この投稿へのコメントの RSS フィード / TrackBack URI

コメントを残す