ギャザ速
アモンケット 通販サイト

プロツアー ラヴニカへの回帰 シアトル予選in名古屋 上位デッキ紹介


MTG デッキレシピ
M13後のデッキレシピ紹介



プロツアー名古屋
ギャザ速達も参加していたプロツアー ラヴニカへの回帰in名古屋
上位入賞デッキがそれぞれ面白かったので回数を分けて幾つか紹介。




優勝

Tsuboyama Shutaさん

ソーラーフレア(青白黒コントロール)

Main
4 氷河の城砦/Glacial Fortress
4 孤立した礼拝堂/Isolated Chapel
4 闇滑りの岸/Darkslick Shores
3 進化する未開地/Evolving Wilds
2 魂の洞窟/Cavern of Souls
1 幽霊街/Ghost Quarter
4 平地/Plains
2 島/Island
2 沼/Swamp

4 幻影の像/Phantasmal Image
3 太陽のタイタン/Sun Titan
1 大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite

4 思考掃き/Thought Scour
2 死の重み/Dead Weight
2 喉首狙い/Go for the Throat
2 漸増爆弾/Ratchet Bomb
4 未練ある魂/Lingering Souls
4 禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy
2 忘却の輪/Oblivion Ring
3 審判の日/Day of Judgment
2 堀葬の儀式/Unburial Rites[/mtg_card]

2 ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil

Sideboard
3 ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine
2 機を見た援軍/Timely Reinforcements
2 神への捧げ物/Divine Offering
2 瞬間凍結/Flashfreeze
2 虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb
1 審判の日/Day of Judgment
1 ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil
1 解放された者、カーン/Karn Liberated
1 幽霊街/Ghost Quarter

名古屋のプロツアー予選を制したのは太陽拳タイプのコントロールです。

4枚入っている《幻影の像》》と3枚の《太陽のタイタン》が印象的です。
《幻影の像》のコピー能力で大量の《太陽のタイタン》で押しつぶすことを
メインの勝ち手段にされてますね。
採用している妨害手段はメイン打ち消しなしの除去多目構成ですね。
最近は《魂の洞窟》がよく使われているので、出させてから対処の方がよさそうですね
デルバー系向けの《死の重み》、《漸増爆弾》、《未練ある魂》
緑赤系に有効な《喉首狙い》、《審判の日》とバランスよく構成されていますね。
構成的に墓地対策をサイドボードに採っている青いコントロールには弱そうですが、
最近のメタゲームではコントロールが少ないので問題ないと思われます。
決勝戦は青白奇跡コントロールだったため厳しいゲームだったと思われます。
優勝おめでとうございます。




準優勝

Ikedo Masakazuさん

青白奇跡コントロール

Main
4 氷河の城砦/Glacial Fortress
4 金属海の沿岸/Seachrome Coast
3 幽霊街/Ghost Quarter
7 平地/Plains
7 島/Island

1 大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite

4 思案/Ponder
4 熟慮/Think Twice
4 マナ漏出/Mana Leak
1 忘却の輪/Oblivion Ring
2 審判の日/Day of Judgment
4 終末/Terminus
3 時間の熟達/Temporal Mastery
4 天使への願い/Entreat the Angels

3 月の賢者タミヨウ/Tamiyo, the Moon Sage
2 ギデオン・ジュラ/Gideon Jura

Sideboard
2 聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx
2 マーフォークの物あさり/Merfolk Looter
2 石のような静寂/Stony Silence
3 倦怠の宝珠/Torpor Orb
1 安全な道/Safe Passage
2 墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage
2 天界の粛清/Celestial Purge
1 大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite

準優勝は11枚の奇跡持ちカードを入れた青白コントロールです。
4枚入れている《思案》から奇跡呪文を狙いつつ、全体除去と
プレンズウォーカーで戦場をコントロールする構成です。
4枚の《終末》と2枚の《審判の日》で緑赤系のデッキに勝ちに
行こうとしているのが伺えます。
会場を見回すと緑赤系のデッキが多かったため、
メタ予想が当たっていたと思われます。
サイドボードが個性的で一目見ただけだと入れ方がよく分からないですが、
コントロール、《出産の殻》、ゾンビを意識されているように見えます。

名古屋イベントレポはまた別記事で!お楽しみに!

デッキレシピ参照 closet belief様
http://74598.diarynote.jp/?day=20120731

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - プロツアー ラヴニカへの回帰 シアトル予選in名古屋 上位デッキ紹介
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
[`grow` not found]
Share on GREE

  【ニコニコミュニティ】
ギャザ速Act2の生放送
ギャザ速 M:tGデッキレシピギャザ速 黒スレ ギャザ速 黒スレギャザ速 雑記




PRゾーン

('д`)ノ < 広告ですよ

コメントを残す