ギャザ速
アモンケット 通販サイト

今井流グランプリの過ごし方GP横浜2012編


今井さんクオリティ
サムネイル画像がリニューアル!



どうも、横浜をうろうろしていた今井さんです。
今回は6月23、24日に開催されたグランプリ横浜参加報告記事をお伝えいたします。やっぱりグランプリは楽しいですね。

まずは恒例のコメントチェックから行きましょう。
前回はコメントを多数いただきありがとうございます。

匿名 より:2012年6月18日 17:39

孤独な亡霊では、さらに動きが重くなるのでは

Noデルバーには重いかもしれませんね。でも、《蒸気の絡みつき》が効かないし、アドバンテージが取れる可能性があるんで可能性は感じます。
2マナの《幻影の像》で相手の《孤独な亡霊》をコピーできたのが強く感じた一因ですね。
青いデッキに入れてみて色々試してみたい一枚ですね。

匿名 より:2012年6月18日 19:46

修復の天使ってCIP強制でしたっけ?

自分がジャッジに聞いた内容と、MTGwikiの記述だと任意だったんですが…。

匿名 より:2012年6月18日 21:05

日本語の記述からすると対象に取るのは強制じゃないかな(明滅は任意ということ)
それで像はお亡くなりに…

匿名 より:2012年6月23日 01:59

してもよいだから任意

《幻影の像》と天使だけの戦場で《修復の天使》を出すと《幻影の像》は対象に取られなければいけないため
生贄にささげられると思っていましたが、効果の誘発自体が任意の為、幻影の像を残す事が可能みたいでした。
ご指摘ありがとうございました。



匿名 より:2012年6月18日 21:31

モダンの体感とかモダンの記事がもっと読みたいです!

今回のグランプリ本戦はモダンです。今回は僕のモダン体験がメインとなります。
モダンの研究が不十分なんで的外れなことも書いてるかもしれません。
参考になりそうな部分だけを見てください。

では本題に入りましょう

今回の参加したグランプリとは、MTGお祭り的なイベントです。
大規模協競技イベントの本戦はもちろん、本戦以外にもサイドイベント、カードショップの出店、アーティストのサイン会、会場空きスペースでのフリープレイなど
様々な楽しみ方があります。

グランプリの全体の様子を僕視点でお送りいたします。

一日目

仕事終わってから中の人とマノー君と合流して夜行バスで横浜に移動。

夜行バスでの移動は新幹線の半分で行けるのが魅力的ですね。
でも、ゆっくり休めないのが問題です。GP本戦前日からイベントがありますし、時間とお金に余裕があるときは前日に行きたいですね。
途中のサービスエリアで休憩してからバスの中で仮眠をとる。
バスの中では足が伸ばせなくて少しつらかったです。

朝6時半ごろに横浜駅に到着。

ちょっと近くの喫茶店で休憩しようとしましたが、開店前で諦めて、会場への移動を決定する。

みなとみらい駅に移動。

事前の確認が不十分で道に迷うかと思いましたが、思ったより近くで迷わず行けました。

会場に到着

かなり早い時間についてしまいました。
近くにあるコンビニで朝食を買い、開場までしばらく休憩。
MTGプレイヤーが続々集まってきてます。

開場

まずは本戦の受付へ
すごい行列でした。受付を済まして様子をみると更に行列が・・・
僕が並んだタイミングはまだましな状態だったみたいです。

デッキリスト記入

知り合いと色々相談しながら印刷した紙から微調整しました。
この微調整の時点ではとある欠陥に気付きませんでした。

本戦開始まで仲間と情報交換。

京都から関東に引っ越した友人と久しぶり会うことができました。
MTGの話題はもちろん他にも色々お喋りしました。

本戦開始

まずはデッキ回収と運営からのごあいさつ。
参加人数はなんと1523名
これは予想以上の参加人数ですね。最近MTGブームがきてるかもしれません。

1回戦目は前期プレインズウォーカーポイントの特典により不戦勝でした。

レーティングからPWPに変わっておかげで、僕はグランプリでの不戦勝獲得がやりやすくなりました。
レーティングシステムでの不戦勝獲得は難しかったですが、今のプレインズウォーカーポイントシステムでは1不戦勝は思ったより簡単に取れますね。
この変更は良い変更だったと思います。僕個人的にはレーティングは数値の変動を見ていて面白いので、
プレインズウォーカーポイントと併用して欲しいです。

この不戦勝のタイミングに出店店舗を散策

晴れる屋、イエローサブマリン、ビッグマジック、ホビーステーション、一刻館、フライヤーボール、ミント、夢屋、ENNDAL GAMES
となんと9店舗も出店していました。

途中晴れる屋でのくじ引きでS賞を一発でゲットしてTaigaを頂戴しました。珍しく運が良かったです。
初デュアルランドげっとです。本当にありがとうございます。

ドヤ井さん
その後、ガンスリンガーコーナーで斎藤プロに対戦をお願いしました。
フォーマットはモダンでお願いしました。
僕の使用したデッキは本戦でも使用する青白クロックパーミッション。

対戦結果は・・・

斎藤プロのダブルマリガンスタートから初動がフェッチランド→山からの《渋面の溶岩使い》
この動きから僕は青赤緑クロックパーミかと思いました。
2ターン目はお互いセットランドしてターンエンド。
3ターン目僕は《台所の嫌がらせ屋》をキャスト。

いまいさん ばーさす さいとうともはるさん
その返しに《地獄火花の精霊》と《渋面の溶岩使い》をキャストされて予想外の赤単でした。
手札に《修復の天使》がいるので回復目的で《地獄火花の精霊》を《台所の嫌がらせ屋》でブロック
頑強で戻ってきて回復しました。返しのターンにタップアウトの隙をついて《修復の天使》を出して
《台所の嫌がらせ屋》をちらつき能力でさらに回復しライフを安全圏内に。
その後1マナ3点火力を連打されるも、《聖トラフトの霊》で攻めるのに十分な時間があり勝利しました。
ダブルマリガンによるリソースの差と赤単にとって一番つらい回復の動きにより運よく有名プロに勝てることができました。
賞品として未来予知日本語版を頂戴しました。気になる中身は《紅蓮術士の刈り痕》でした。
完全に外れではないですね。他にはない能力なのでモダンでの今後の活躍に期待です。

斎藤プロと喋りながら楽しく遊べて、パックももらえて最高でした。
他のイベントでもこういう企画はやってほしいですね。お相手いただき、ありがとうございました。

ドヤ井さん2不戦勝終了後の2回戦開始ここからが本番です。

大会レポートに入る前に今回使用したデッキをご紹介いたします。

青白クロックパーミッション

メインボード サイドボード
4 《修復の天使》 1 《ヴェンディリオン三人衆》
4 《瞬唱の魔道士》 1 《台所の嫌がらせ屋》
2 《ヴェンディリオン三人衆》
4 《聖トラフトの霊》 2 《解呪》
2 《台所の嫌がらせ屋》 2 《無効》
2 《呪文貫き》
4 《流刑への道》 1 《外科的摘出》
3 《呪文嵌め》
4 《差し戻し》 2 《神の怒り》
3 《謎めいた命令》
2 《四肢切断》 1 《不忠の糸》
1 《饗宴と飢餓の剣》 1 《光と影の剣》
1 《戦争と平和の剣》 2 《大祖始の遺産》
15
1 《平地》
3 《島》
1 《湿地の干潟》
1 《沸騰する小湖》
2 《神聖なる泉》
4 《金属海の沿岸》
4 《天界の列柱》
1 《秘教の門》
2 《魂の洞窟》
2 《ちらつき蛾の生息地》
4 《地盤の際》
1 《永岩城》
60
最近モダン環境でよく見かけるノーカウタイプの青白クロックパーミッションです。

隙の少ない瞬速クリーチャーと打点が高い《聖トラフトの霊》を大量の打ち消し呪文と《流刑への道》でサポートして戦うデッキです。
明確な弱点が少ない代わりに特別得意なデッキも少ない丸いデッキですね。

このデッキに入っているカードについて

《瞬唱の魔道士》、《修復の天使》、《聖トラフトの霊》

瞬唱の魔道士 修復の天使
聖トラフトの霊
スタンダード青白三人衆のカードパワーはモダンでも健在です。

《聖トラフトの霊》の打点の高さと対処のされにくさはモダンでも魅力的です。

《ヴェンディリオン三人衆》

ヴェンディリオン三人衆
瞬速で現れる疑似手札破壊と3/1飛行はレガシーでも大人気です。
《修復の天使》との相性も抜群です。

《台所の嫌がらせ屋》

台所の嫌がらせ屋
頑強による除去耐性と場に出た時の回復能力は単純に強いです。これも《修復の天使》と相性がいいですね。
赤単とジャンドに対して強力なアンチカードです。

《流刑への道》

流刑への道
モダン環境最強の一マナ除去のです。
デメリットが強烈ですがそれに見合った効果があります。打つタイミング次第ではデメリットはほとんど無視できます。
《瞬唱の魔道士》の効果と合わせて連打すれば盤面を圧倒することができます、

《呪文嵌め》

呪文嵌め
一マナで2マナのカードを確実に打ち消せます。
モダン環境では《タルモゴイフ》、《闇の腹心》、《差し戻し》など対象に困りません。

《差し戻し》

差し戻し
一時的な打ち消しですが、タイミング次第では《時間のねじれ》に匹敵する力を持っています。

《ちらつき蛾の生息地》

ちらつき蛾の生息地
一般的には打点の高い《変わり谷》が優先されますが剣との相性を優先してこちらを入れてみました。
ブロックに使うときはマナがかりますが二つ目の能力で一枚のときでもで2/2になることができます。
その使い方の場合は元のサイズが大きい《変わり谷》の方が優秀ですね。
除去が豊富な環境なのでなかなか剣を装備させてもらえませんでした。

《魂の洞窟》

魂の洞窟
スタンダードのデルバーのようにこのデッキの同系対決ように入れてみました。
色事故が起きやすくなるのと、打ち消しを採用しているデッキが以外と少なかったため採用はもっと慎重に検討するべきでした。

《秘教の門》

秘教の門
アンタップインの2色土地として採用しましたが、片方の色が無いとただの無色土地です。
《魂の洞窟》との相性が悪かったです。《魂の洞窟》を入れる場合は他の2色土地にした方がよさそうです。

《永岩城》

永岩城
このデッキの戦闘を強力にバックアップしてくれます。
《聖トラフトの霊》、《ヴェンディリオン三人衆》への2点軽減は想像以上に強力でした。
伝説の土地のため複数出せませんが増量を検討したくなるほどの効果です。

《地盤の際》

地盤の際
対ウルザトロンのためと条件を満たしている状態での複数同時起動が魅力的で4枚入れてしまいました。
結果として色事故を起こしやすくなってしまい、失敗調整だったかもしれません。

サイドボードについて

受けの広い無難な選択を取りました。

《ヴェンディリオン三人衆》

対コンボデッキ用の追加分です。メインに増量でも良かったかもしれません。

《台所の嫌がらせ屋》

対赤単、シャンド用の追加分です。

《解呪》、《無効》

対親和と《血染めの月》です。特殊土地が多いため《血染めの月》一枚でロックされてしまうので、しっかり対策をとっております。

《呪文貫き》、《外科的摘出》

対コンボ用カードです。《外科的摘出》は墓地対策も兼ねております。

《神の怒り》

対クリーチャーデッキ用です。モダンでは単純なウィニーデッキが少なめですが、このデッキは横に並ぶデッキを苦手としている印象です。
この相性差を埋めることができる全体除去は重宝します。

《光と影の剣》

同系の《修復の天使》対策のプロテクション白増量用です。
効果も消耗戦に役に立ちます。

《大祖始の遺産》

対墓地利用カードです。下の能力のために1マナ構えて行動しないと大変なことになったりします。
起動タイミングが少し難しいです。

ではGP本戦のレポートに入ります。

1回戦 PWPによる不戦勝

2回戦 白赤緑t青《出産の殻》
《シルヴォクののけ者、メリーラ》+頑強持ちクリーチャーコンボや《鏡割りのキキジキ》+《修復の天使》
コンボなど多数のコンボを内蔵したデッキです。油断すると一撃で決められます。

1 ○  《聖トラフトの霊》展開から打ち消し除去でねじ込んで勝ち。
2 × こちら色事故のうちに《出産の殻》が着地してしまいライフを攻められて負け。
3 ○ 《台所の嫌がらせ屋》を2体出されながら、コンボパーツを集める時間を稼がれましたが、
《ヴェンディリオン三人衆》、《聖トラフトの霊》、《修復の天使》と高い打点のクリーチャーを展開しつつ
大量の《流刑への道》で攻め切りました。途中手札に《流刑への道》が2枚あったため、《鏡割りのキキジキ》を《ヴェンディリオン三人衆》で
落とさないこと選んだプレイミスがありました。的確に動かれていたらコンボで負けていた可能性がありました。

3回戦 ジャンド
黒赤緑の優秀なクリーチャー、除去、手札破壊で1対1交換を繰り返しつつ、《血編み髪のエルフ》で
差を広げるパワフルなデッキです。

1 × 序盤都合よく《呪文嵌め》を引き込み《闇の腹心》を打ち消し順調な立ち上がりをするも
攻めるカードが足りず、終始受けのゲーム2回の《血編み髪のエルフ》の続唱に押されてしまい負け。
2 × 一度のマリガンから土地5枚の手札をキープしてしまい呪文不足で負け。キープミスですね。

4回戦  青赤ストームコンボ
《発熱の儀式》、《煮えたぎる歌》などの一時的マナ加速と《手練》、《ギタクシア派の調査》などの軽いドロースペル
を連打して、《炎の中の過去》からもう一周してストームと手札を稼ぎ《ぶどう弾》で一撃を決めるデッキです。

1 × 《秘教の門/Mystic Gate》と《魂の洞窟》というリスキーな初手をキープして土地が止まってしまっている間に
コンボを決められて負け。
2 ○ 相手がランド1で止まりその間に《聖トラフトの霊》で攻め切り勝ち。
3 × 《紅蓮術士の昇天》を置かれるも《大祖始の遺産》を設置して一安心してしまい、勝負を焦りタップアウトで《聖トラフトの霊》を出した
返しに昇天にカウンター2個乗せられてそのままコンボを決められて負け。これは致命的なプレイミス。もう少し慎重に動くべきでした。

この時点で3敗してしまい2日目への参加は不可能になってしまいました。

5回戦 青赤緑デルバータルモバーン
打点の高いクリーチャーをカウンターと火力でサポートするデッキです。

1 ○ 《聖トラフトの霊》と《修復の天使》で攻めてトラフトに対処されず勝ち。モダンでも《聖トラフトの霊》はすごく強い。
2 × 特殊土地満載の戦場から《血染めの月》を出されてしまい負け。
3 ×  土地多めの手札で始めて《饗宴と飢餓の剣》に全てを賭けるも《血染めの月》を出されてクリーチャー引けず負け。

6回戦 白単同盟者デッキ
白ウィニーにゼンディカーの同盟者シナジーを足したデッキです。

1 ○ 相手クリーチャーと《清浄の名誉》を展開するもこちらが多くの《流刑への道》を持っていたため、《聖トラフトの霊》+《永岩城》で殴り切る。
《清浄の名誉》を2枚貼られてクリーチャー不足なところに助けられました。
2 ○ 相手がすごい勢いでクリーチャーを展開していかれライフ1まで追いつめられるも《神の怒り》を打って相手が息切れしたところを《聖トラフトの霊》で勝ち。

7回戦 赤t黒バーン

1 × 1マリガン後白マナ不足の初手で始めたら1ターン目の《ゴブリンの先達》を出され、手札の《流刑への道》が打てず順調に削られて負け。
2 × 少し重めの手札で始めたところ《ゴブリンの先達》2枚に攻められて土地ばかり引いて対処できるカードを引けず負け。
土地多めの手札で始めるいつもの悪い癖が出てしまいました。

この時点で19時くらいと遅い時間になったのでドロップ
最終戦績は3勝(1不戦勝)4敗と今一つの結果となりました。

青白クロックパーミは会場に多数いましたが残念ながら上位入賞はありませんでした。
同系対決が多くなると意識してきましたが思い通りにならないものです。
優勝は白黒トークンと予想外なデッキが優勝しました。
モダンではどんなデッキでもチャンスがあるということを改めて実感しました。
ただ純粋なコントロールデッキはモダンの速度の特性上難しそうですね。
今度機会があればもっと変なデッキを用意して行こうと思います。

その後会場内をうろついて中の人の友人の家に泊めていただき1日目終了しました。

2日目

帰りの電車の時間を気にして8人イベントに参加するつもりで来場するも、サイドイベントが大盛況のためドラフトに参加できませんでした。
会場をうろうろしながらフリープレイ、トレード、お買いものとか色々して一日を過ごしました。欲しかったあのカードをトレードで手に入りまずまずの収穫でした。
帰る前に最後の運だめしと晴れる屋のくじに再挑戦しましたがさすがにもう一度S賞は引けなかったです。
帰りの新幹線で駅弁を食べながらGP横浜のカバレージを読みながら帰宅しました。

最後に

今回は初のモダンの国内GPで予想以上の参加者がいて驚きました。
相変わらず今一な結果となりましたが、モダン環境を理解できるいい勉強になりました。
会場では多くの方に声をかけていただきました。ありがとうございます。
プレイイングスキル、記事のクオリティを上げれるよう頑張ります。
週末移動が多く、記事更新が遅れてごめんなさい(中の人)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今井流グランプリの過ごし方GP横浜2012編
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
[`grow` not found]
Share on GREE

  【ニコニコミュニティ】
ギャザ速Act2の生放送
ギャザ速 M:tGデッキレシピギャザ速 黒スレ ギャザ速 黒スレギャザ速 雑記




PRゾーン

('д`)ノ < 広告ですよ

5 Comments »

  1. 匿名 より:

    修復の天使は対象を取るところまでは強制で明滅効果を「してもよい」だと思いますが

    少なくともMagicOnlineではそういう挙動をしますし,英語ですが
    「Restoration Angel and Phantasmal Image」
    http://forums.mtgsalvation.com/showthread.php?t=421190
    にてジャッジ?の回答があります

  2. あすき より:

    今井さん名古屋6位おめでとうございます。
    レポート早くアゲろや^^

    楽しみにしてまーす。
    修復天使は匿名さんと同意見。

    • 今井さん より:

      WMCQレポートの原稿は準備できてます。
      ただ、中の人が多忙のため編集がまだ終わってないです。
      近日更新予定なので、もう少々お待ちください。

  3. ウオッカ より:

    修復の天使は対象に取るのは強制。
    だから幻影の像は生け贄になっちゃいますね。

    • 今井さん より:

      《修復の天使》の効果は選んでから使うかどうかを選ぶんですね。
      これから気を付けます。

この投稿へのコメントの RSS フィード / TrackBack URI

コメントを残す