ギャザ速
アモンケット 通販サイト

構築レベルで使われるISDブロックカード紹介~破壊・除去 前編


破壊・除去前編
更新遅れたのです



先週末は新アジャニの情報で大いに盛り上がりましたね!
アジャニの俗称ですが、

あじゃにゃん

もしくは

\アッジャニ~ン/

…あずにゃん系とアッカリ~ン系、どっちがスタンダードになるのでしょうか?
むしろ\アッジャニャ~ン/なのか!?(挨拶)

ちわっす!ギャザ速さんのともだちです!

M13は面白いことになりそうですね!
「結局環境変わらないのかよ!」ってことにならないことを祈ってます。
○○一強って環境はあまり面白くないですからね~

さて、精度が低いとコメント沸騰中(!?)である、イニストラード ブロックの
構築でも使われる(これからの可能性を感じる)カード紹介~破壊(除去)編~をさせていただきます。

前回の二の舞にならないよう気をつけてはいます。

しかし、もしかしたらテキスト、ルールの解釈を間違っているかもしれません。
その時は遠慮なくコメント、ついったーにてご指摘ください。

カードはともだち個人の見解でのチョイスですが、
「どう考えても構築級」というカードを見逃している恐れもあります。
その時は遠慮なく(以下略)

可能性を感じるカードは、私のセンスが無くて見落としてる可能性があったり、
個人の好き嫌いであったりする可能性があります。判断が難しいかもしれませんが、
気になったら遠慮なく(以下略)

・・・書き連ねていったら40種類越えました…。
一気に紹介すると読まれる方も大変でしょうから、
「イニストラード」と「闇の隆盛+アヴァシンの帰還」の前後編に分けます!

では、前編と定義した、「イニストラード」の破壊(除去)カード紹介に参りましょう!

~破壊(除去)編【前編】~

悪鬼の狩人(イニストラード アンコモン)

悪鬼の狩人
場に出たとき、クリーチャーを一体追放でき、場を離れたとき
追放されたクリーチャーをオーナーのコントロール下で場に戻す。
同じように、特定対象を追放する能力を持つ「忌まわしきものの処刑者」がいるが、
あちらは限定的であり、「悪鬼の狩人」の方が汎用性が高い。
トークンを対象にとれば、トークンの性質上確定除去になる。
また、カウンターが乗っているクリーチャーを対象にとれば、
(例外を除き)追放される際にカウンターが全て取り除かれる。
白が濃いとはいえ3マナ1/3のスペックにこの能力は便利である。
自分のクリーチャーも対象に取れるので、色々と悪さもできそうである。
アヴァシンの帰還で登場した「雲隠れ」とのコンボがあるらしい。

金輪際(イニストラード レア)

金輪際

土地でないカードを1枚唱えられないようにするエンチャント。
相手のキーカードを封じるためのカードなので、主にサイドカードとして利用される。
破壊とも除去とも明確には言えないが、除去寄りの悪くはないカードなので紹介。
「外科的摘出」と同じ時代に存在したから、そこまで注目されなかったのかもしれない。

石のような静寂(イニストラード レア)

石のような静寂

アーティファクトの起動型能力を封じるエンチャント。
現スタンダードにおいては「出産の殻」や各種装備品への強力なメタカードとなる。
しかし、あくまでアーティファクトの「起動型能力」を封じるカードなので、
場にある限り効果を発揮するアーティファクトには効果が無い。
破壊とも除去とも明確には言えないが、除去寄りの悪くはないカードなので紹介。

死の重み(イニストラード コモン)

死の重み

黒1マナでクリーチャー1体に-2/-2修正を与えるオーラ。
軽いコストに加え、インスタント・ソーサリーのマイナス修正と違い
恒久的なマイナス修正である点も強い。(インスタント呪文の
タフネスプラス修正をスタックに乗せても根本的な解決にならないため)
「太陽のタイタン」で墓地から再利用できるため、
白黒が入るリアニ系のデッキで目にすることが多い。

夜の犠牲(イニストラード コモン)

夜の犠牲

吸血鬼でも狼男でもゾンビでもなければ、対象の1体を破壊するインスタント呪文。
コストが黒ダブルシンボル(黒黒)なので、黒単での運用が理想的。
使われてもおかしくない一枚だが、「破滅の刃」や「喉首狙い」の汎用性に劣るため、
現状ではあまり見かけない。今後の環境次第では、見る機会が多くなるかもしれない。

飢えへの貢ぎ物(イニストラード アンコモン)

飢えへの貢ぎ物

対戦相手一人を対象とし、クリーチャー1体を生贄にさせ、自分はそのタフネス分のライフを得る。
対戦相手を対象にしているので、プロテクション(黒)や呪禁、「破壊されない」効果を無視でき、ライフも回復できるので
優秀ではある。しかし、現在はクリーチャーが横に並ぶことが多いので使用頻度は少ない。
今後、キーワード能力「賛美」の存在でクリーチャーデッキの形態も変わるであろうから、
再評価されてもおかしくない一枚である。

血統の切断(イニストラード レア)

血統の切断

クリーチャー一体を対象とし、その同名カードもまとめて追放するカード。フラッシュバック持ち。
漸増爆弾にはコスト的にも劣るが、トークンをまとめて葬ることもできる。
破壊などの効果で墓地送るのではなく追放するので、現在の墓地利用環境では、相手のプランを大きく崩しうる一枚。

死の支配の呪い(イニストラード レア)

死の支配の呪い

エンチャントされたプレイヤーのクリーチャー全てに-1/-1修正を与える。
(強化されていない)スピリットトークンやマナクリーチャーを一掃し、
貼られている限り(強化されていない)彼らから場に留まる権利を奪うカード。
小さいサイズのクリーチャーを多数並べるデッキに突き刺さる一枚。
最近の黒いコントロールでは頻繁に採用されている。

ヴェールのリリアナ(イニストラード 神話レア)

ヴェールのリリアナ

プラス能力でお互いカードを1枚捨て、
マイナス小能力でプレイヤーを1人対象としクリーチャーを1体生贄にさせる。
マイナス大能力を使われる前に対処されることが多いが、
使われればマナ基盤(土地など)がひどい目に逢い、非常に不利になることは明らかである。
プラス能力は、フラッシュバックなど、墓地利用の環境なので相手に有利に働くことも少なくない。
しかし、マイナス小能力が前述の「飢えへの貢ぎ物」同様、プレイヤーを対象とした
クリーチャーを生贄に捧げる能力なので、強い盤面が多い。
自身が3マナと軽いので、4枚積んでしまえば進んでマイナス能力を使い、使い捨てることもできる。
しかし、それでも相手にとってはその存在がプレッシャーとなるので、
自分のライフを守れる意味でも優秀である。

霊炎(イニストラード コモン)

霊炎

フラッシュバックつきの1マナ1点火力。
(『火力』は赤い、クリーチャーやプレイヤーにダメージを与える系のインスタントまたはソーサリー呪文の俗称)
「…ショック(赤1マナ2点インスタント)でいいよね?」と言われると「ぐぬぬ…」となるが、
積極的にカードを墓地に送るカード(ティボルトとかティボルト)やそんなデッキと相性がいい。
今、世間に蔓延する「秘密を掘り下げるもの」も変身前であれば対処できる。
…マナクリーチャーも対処できる!(必死)

硫黄の流弾(イニストラード コモン)

硫黄の流弾

3マナ3点火力。
「陰鬱」の条件(いずれかのクリーチャーがそのターン中に1体以上死亡している)を満たせば、
5点火力となる。3マナ帯火力の中では、条件を満たせばコスト以上の働きをすると言う意味で、優秀な部類である。

古の遺恨(イニストラード コモン)

古の遺恨

フラッシュバック付きのアーティファクト破壊カード。
ミラディンの傷跡 ブロックの各種剣が跋扈する現在のスタンダードでは、
一枚で二度おいしい(しかもフラッシュバックコストの方が軽い)という事と、
赤緑ビートダウン(ステロイド)隆盛が重なり、よく見るカードである。

小悪魔の遊び(イニストラード レア)

小悪魔の遊び

フラッシュバック付きのXマナ火力。フィニッシュカードになりうる。
フラッシュバックコストは若干重いが、ゲーム後半に使うことを考えると
目をつぶることができ、使いやすいカードと言える。

冒涜の行動(イニストラード レア)

冒涜の行動

戦場に出ているクリーチャー1体につき無色1マナ軽くなる、クリーチャー全体への13点火力。
今までは「相手によっては使えるカード」だった。しかし、M13にてスタッフィーこと
「ぬいぐるみ人形」が再録されるので、可能性が見えた気がしないでもない。

※今井さんは「ぬいぐるみ人形」が大好きで、当時のスタンで専用デッキを組んでおりました。
「ぬいぐるみ人形」と聞くと、ともだちはカードテキストと共に、当時そのデッキでボコボコにされたことを思い出します。

帰化(イニストラード コモン)

帰化

エンチャントにもアーティファクトにも触れる優秀なカード。サイドから入ってくることが多い。
緑系のデッキならば、サイドカードを考える上での候補として入る頻度が高いだろう。

捕食(イニストラード コモン)

捕食

戦闘フェイズ以外に、クリーチャー同士にダメージの応酬を行わせるカード。
先制攻撃など戦闘時に機能する効果と相性が悪く、
絆魂、接死、感染など、ダメージを与える際に機能する効果と相性が良い。
タップ、アンタップに関係が無いので、戦闘フェイズ後でも(ターン中はダメージが蓄積されたままなので注意)使用できる。

中の人の「ファイレクシアの抹消者」を使うデッキにこれが搭載されており、
使われてとても嫌な思いをした記憶が多々あります。
逆に「幻影の像」やら「忘却の輪」を連打して、こちらだけ「ファイレクシアの抹消者」がいる盤面を作り、
中の人を苦しめたこともありました。 テヘペロ (・ω

茨潰し(イニストラード アンコモン)

茨潰し

クリーチャー以外を対象とした、万能なパーマネント破壊呪文。ランデスとしても使える。
マナ加速多めの緑系コントロールで採用したい。
「アーティファクト・クリーチャー」や「クリーチャー化した土地」は破壊できないので注意。

夜明けのレインジャー/黄昏の捕食者(イニストラード レア)

夜明けのレインジャー 黄昏の捕食者

変身前は自身をタップさせることで、飛行を持つクリーチャーに2点与えることが出来る。
最近は緑が入ったデッキに、スピリットや虫(昆虫の逸脱者)退治のために入っていることが少なくない。
変身後は赤1マナと自身をタップで、自身と対象の1体と格闘させる能力となる。
接死や感染持ちと格闘すると、前者とは相打ち、後者とはマイナスカウンターが乗ってしまう。
特に後者は変身後もカウンターを引き継ぐので、注意が必要である。

情け知らずのガラク/ヴェールの呪いのガラク(イニストラード 神話レア)

情け知らずのガラク ヴェールの呪いのガラク

変身前は忠誠値0で対象の1体に3点ダメージを与え、その対象のパワー分のダメージを受ける能力と、
同じく忠誠値0で2/2の緑である狼トークン1体を生み出す能力。
マナクリーチャーなど小さいサイズのクリーチャーにダメージを与え、自身の忠誠値を2以下にして変身させたい。
しかし、緑では貴重な火力(4マナで3点与えるソーサリー)とも取れるので、割り切った使い方も悪くは無い。
盤面によっては、狼トークンを生み出してアタッカーないしブロッカーを生成する仕事をする。
これはこれで弱くない動きである。
忠誠値が2以下になると変身する。
プラス能力で1/1の黒で接死を持つ狼トークン1体を生み出す。
マイナス小能力で自身のクリーチャー1体を生贄に捧げ、ライブラリーから
クリーチャーカードを1枚探し、手札に加える。
マイナス大能力で自身のクリーチャー全体にトランプルを与え、墓地のクリーチャーの数(X)だけ+X/+Xする。
プラス能力で生成した、接死を持つ狼トークンに「迫撃鞘」を装備させ、対象のクリーチャーに
接死を持つ発生源からの1点を与え蹂躙していくコンボが流行したことがあった。
マイナス小能力はキーワード能力の「陰鬱」発動条件にもなるので、そのためとして使ってもいいが、
盤面によっては自身に損にしかならない動きになりうるので注意が必要である。
マイナス大能力は盤面にも墓地にもクリーチャーがいれば強力。

このガラクは自身にも対戦相手にも選択肢が多い、意外と難しいカードかもしれない。

オリヴィア・ヴォルダーレン

オリヴィア・ヴォルダーレン

赤合計2マナでクリーチャーに1点与え、それのクリーチャータイプに「吸血鬼」を加え、自身に+1/+1カウンターを乗せる。
黒2マナを含む合計5マナで、自身が存在する限り「吸血鬼」クリーチャーのコントロールを得ることができる。
赤黒4マナで3/3飛行、という悪くないサイズだが、上記のダメージを与える能力を考慮し、
少なくとも6マナ発生できる状態で彼女を場に出し、能力を使えば、4/4飛行となる。
タフネスが4を越えると(現環境での)ダメージ除去は難しくなる。他の方法で除去できるが、
早い段階で対処しないと厄介になる存在である。
加えて、彼女が噛み付いた(ダメージを与え吸血鬼化させた)クリーチャーを自身のコントロール下に置く
能力もあるので、注意が必要。
お気づきかもしれないが、彼女の能力は自身をタップさせる必要が無いので、召喚酔いの影響を受けない。
場に出るにも能力を使うにもマナを多く使う点を除けば、優秀なカードである。

今井さんのグリクシスコントロールデッキ(赤青黒コントロール)のフィニッシャー。
今井さんが大好きなカードです。

幽霊街(イニストラード アンコモン)

幽霊街

自身をタップし生贄に捧げることで、土地を破壊できる土地。ただし、破壊した後、そのコントローラーに
基本地形をライブラリから探して場に出す権利を与えてしまう。基本的に自身が土地1枚分損してしまうので、
それでも自身のアドバンテージとなる土地を対象にしたい。
土地は0マナ扱いなので、太陽のタイタンで使いまわすことが可能。

ステンシアの血の間(イニストラード レア)

ステンシアの血の間

赤黒合計5マナと自身をタップ(都合6マナ)で、プレイヤーに2点与えることができる土地。
恒久的な無色の2点火力と書くと強いが、起動コストの重さがネック。
自身の動きを全て捌かれ、膠着状態に使われると非常に厄介である。

というわけで、いかがだったでしょうか?
パーマネント除去(手札破壊)が可能なカード、かつ構築レベル、
もしくは今後に期待なカードをチョイスしてみました。
そこそこのボリュームになったので苦戦しました(;゜д゜)….

次回は、後編として、上記の条件を満たした「闇の隆盛」+「アヴァシンの帰還」のカードをお送りします。




予約投稿設定していて週末アップされている予定でしたが、
予約投稿が壊れてたようでアップされていませんでした。

ともだち記事ファンの皆様&ともだちごめんなさい!

以下ともだちコラムの最後の挨拶が先週末アップ予定タイミングの内容になっております。




週末はGP横浜!ギャザ速の面々も現地へ赴くようです。
中の人には、お土産として是非「ともだち用夏用マスク」を購入してきていただきたいものです(*´д`*)

現地には仕事の都合で行けませんが、

「横浜で、ティボ速(パカ速)と握手!」

をイメージトレーニングしております(謎

参加される方は フレーヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸_フレー です!

ではまた!

ついったーやってます。
@nahhhchan7777
もしくは「ともだちは友達が少ない」で検索!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 構築レベルで使われるISDブロックカード紹介~破壊・除去 前編
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
[`grow` not found]
Share on GREE

  【ニコニコミュニティ】
ギャザ速Act2の生放送
ギャザ速 M:tGデッキレシピギャザ速 黒スレ ギャザ速 黒スレギャザ速 雑記




PRゾーン

('д`)ノ < 広告ですよ

9 Comments »

  1. 匿名 より:

    最後のステンシアは除去と全く関係ないよね?主旨とずれてるよ

  2. ともだち より:

    サーセン!
    今井さんのシスコンデッキを髣髴とさせるカード(ヴォルダーレンちゃん)の
    レビューを書いていたら、それに入っているステンシアも勢い余って
    紹介してしまいました(;・∀・)


    プレイヤーにしか飛ばせないので除去とは別ですよね!
    おっしゃるとおりですm(_ _)m

  3. 匿名 より:

    ディッチャ系も一緒ですか。
    そりゃ60種にもなりますよね。
    でも、一般的には除去って言ったらクリーチャー除去を指すと思うんで、
    クリーチャー除去とその他の破壊系は別けた方が良いと思いますよ。
    後、さすがに金輪際は除去とは呼べないかと。場に出てる物には全く干渉しませんし。
    強いて言うならハンデスですかね。

  4. ななし より:

    初心者向けの記事なら、除去特集ならクリーチャー破壊のみを取り扱うべきじゃないですか?
    本体のみの火力や置物破壊までまとめると初心者が「除去」を間違えて覚えちゃいますよ

  5. 匿名 より:

    除去や破壊といった項目で括るのではなく、
    各色で使い勝手の良いカードを紹介されたらどうでしょう?

    初心者の方に環境への対策カードを薦めても有効活用できませんし、
    まずはデッキの中身をしっかり固めていくほうが彼らの為になりますよ

  6. 匿名 より:

    >>3>>4に同じく
    クリーチャー破壊とエンチャント・アーティファクト破壊では用途が全く異なるので、一つの記事で同列に扱っても意味は薄いと思います。
    この記事の主旨は、「あまり今の環境を知らない人に対して、デッキに入れるならどんな除去カードの選択肢があるのか、もしくは、相手が使ってくるかもしれない想定すべき除去カードはどういったものがあるのか、を紹介する」ということだと思いますので。
    例えば、「生物多めのデッキに対してサイド後にもうちょっと除去を取りたいなぁ。でも今の環境ってどんな除去があるんだろう」って人に、古えの遺恨なんて紹介しても意味ないですし。

    逆を言うと、バウンスやコンマジ系のカードもここに含めてもよかったかもしれませんね。
    厳密には「除去」ではないですが、生物に対処できるという点で、用途の近い効果ですし。

  7. ともだち より:

    みなさま、コメントありがとうございます。

    もっと細分化しても良かったのかもしれませんね~
    各カード解説で破壊とはいえどの分野なのかを説明しているつもりでしたが、
    カテゴライズの時点で分けるべきだったのかもです。

    今はスタンダードの変わり目の時期であるので、

    どこ(どのエキスパンション)まで紹介するか
    どのくらいの深さ(カテゴリにあてはまる全てか、構築レベルか)で紹介するか

    などなど、かなり手探りで書いてます(^^;

    ご意見は色々あると思いますが、
    今回の破壊(除去)編は大きなくくりで後編も書かせていただきます。
    スタンダードの範囲が固まる10月以降にこのようなカード紹介があれば、
    もっと細分化した上で紹介させていただこうと思います。

    こんなぽんこつコラムですが、読んでいただき、
    ご意見までくださり、本当に感謝です。


    ついったーでもご意見いただいたのですが、
    もっと根本的な(ゲームに必要なものが何かや、カードゲームショップに通うなど)ところを
    記事にしてみようかと考えていたりしてます。

    そういったコラムに関するご意見・ご要望もありましたら、
    コメント欄やついったーにご連絡ください。

    今後ともよろしくおねがいします!

  8. 匿名 より:

    >悪鬼の狩人

    むしろこっちの方が\アッカリーン/

  9. 匿名 より:

    >>ともだち
    同じ記事内で紹介するのは問題ないと思いますけど、
    「クリーチャー除去」、「エンチント、アーティファクト破壊」、「土地破壊」、「その他(金輪際とか)」で項目別にすると分かりやすいと思います。

この投稿へのコメントの RSS フィード / TrackBack URI

コメントを残す