ギャザ速
アモンケット 通販サイト

プロツアー予選後感想 デルバー環境を勝ち抜く為に


秘密を掘り下げる者
デルバーやっぱり強いよね



こんばんは。

今日、PTQに参加してきたマノー君です。

結果は5-2で、21位。

初戦二つを落としたのが痛すぎました。

さて、今日の会場のデッキはデルバー系統ばかりでした。

俺の友達は半分以上《秘密を掘り下げる者》を踏んでました。

ベスト8は詳細の確認しませんでしたが、《秘密を掘り下げる者》が大半占めていました。

MOでの大会でも出ている通り、スタン環境は本当にしか《秘密を掘り下げる者》いません。
《秘密を掘り下げる者》がひっくり返って、守り切ったら勝ちですからね。

《秘密を掘り下げる者》のカードパワーはともかく、
青白デルバーなら瞬唱、聖トラフト、修復の天使という優秀すぎるクリーチャー陣、
デルバースピリットなら未練ある魂など、脇を固めるカードが豊富ですね。

他にも蒸気の絡みつきや各種装備品、軽いドローソースなども使いやすいです。
特に蒸気の絡みつきは、たった1マナで脅威を排除したり、
《秘密を掘り下げる者》を守ったりといぶし銀な働きをしてくれます。

それでも実質1マナ3/2飛行という圧倒的スペックの持ち主には、誰も勝てません。

じゃあ、《秘密を掘り下げる者》にはどんなデッキが有利でしょうか。

赤緑ビートなど、軽い火力が入ったデッキは割と有利です。
今井さんが作ったグリクシスコントロールも優位に立てます。
それでも、勝率は六、七割くらいだと僕は思っています。
そして、他のデッキに対して負けてしまいます。
つまり《秘密を掘り下げる者》をメタったデッキは、
《秘密を掘り下げる者》と対戦しなかったら勝つのは少し難しいということです。

ではどうすればいいのでしょう。

プレイングが上手い人なら、答えはすぐ出ます。
そう、ミラーマッチをすればいいのです。
《秘密を掘り下げる者》は強いとはいえ、プレイング・センスが問われるデッキです。
当然ミラーマッチでは、多少の運があるとはいえ、プレイングが上手い人が勝つんです。
《秘密を掘り下げる者》に勝つために《秘密を掘り下げる者》を使う。

単純にデッキパワーが高いのもあると思いますが、
こういう連鎖が広がって、現在のような状況になっているではないのでしょうか。

 




今回のPTQラブニカへの回帰、ギャザ速中の人、今井さん、マノー君、ウシロ君、皆ボロボロでした。
反省点も多く、色々学ばせてもらった今大会、次回に向けて再調整ですね!!

そろそろ、M13記事をまとめる記事更新をしていきます!! 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - プロツアー予選後感想 デルバー環境を勝ち抜く為に
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
[`grow` not found]
Share on GREE

  【ニコニコミュニティ】
ギャザ速Act2の生放送
ギャザ速 M:tGデッキレシピギャザ速 黒スレ ギャザ速 黒スレギャザ速 雑記




PRゾーン

('д`)ノ < 広告ですよ

関連記事

('д`)ノ < 関連精度が低いのはご愛嬌

2 Comments »

  1. 匿名 より:

    こういう流れは良く有りますが、少しつまらないですよね…(そういう自分も青白デルバーにコテンパンでしたが…)
    とりあえずはM13以降のスタン環境に期待ですかね…

  2. 名も無き者 より:

    デルバーに採用されてるパーツには、SOMブロックのが多いですからね(特にファイレクシアマナ呪文と剣)
    これらが落ちてもデルバーがどの程度デッキパワーを保てるのか……
    ローテ後のスタンダードはブロック構築から始まると言われますが、
    ISDブロック構築ではデルバーや瞬唱はあまり力を発揮できていませんし。
    例えば、プロツアー:アヴァシンの帰還・バルセロナtop8にはデルバー0、瞬唱2(サイド)。

この投稿へのコメントの RSS フィード / TrackBack URI

コメントを残す