ギャザ速
アモンケット 通販サイト

2017年はプロツアー「モダン」を除外・プロツアー・ワールドマジックカップのスケジュール公開へ


プロツアー



マジック:ザ・ギャザリング公式サイトよりプロツアー・ワールドマジックカップのスケジュール、
2017年のプロツアーより「モダン」フォーマットの廃止、
2017年プロツアーは全てスタンダードとブースタードラフトの2種目にての開催を発表いたしました。
また、プレミア・プレイについて賞金額やフォーマットなどの一部仕様が変更となります。

◆ソース
2016年および2017年におけるプレミア・プレイの更新
http://mtg-jp.com/publicity/0016818/


プロツアースケジュール


プロツアー2017#1
開催日時:2017年2月3~5日
開催地:アイルランド、ダブリン
フォーマット:スタンダードおよびブースタードラフト

プロツアー2017#2
開催日時:5月12~14日
開催地アメリカ合衆国、テネシー州ナッシュビル
フォーマット:スタンダードおよびブースタードラフト

プロツアー2017#3
開催日時:2017年7月28~30日
開催地:日本、京都
フォーマット:スタンダードおよびブースタードラフト

プロツアー2017#4
開催日時:2017年11月3~5日
開催地:アメリカ合衆国、ニューメキシコ州アルバカーキ
フォーマット:スタンダードおよびブースタードラフト


2017年プロツアーフォーマットについて
2017年はプロツアーのフォーマットからモダンを除外いたします。
モダンに対するウィザーズ社の見解を詳しく知りたい方は、こちらから公式記事を確認。


MTG公式(日本) – これがモダンの進む道
http://mtg-jp.com/publicity/0016819/


ワールド・マジック・カップ2017スケジュール

ワールド・マジック・カップ2017
開催日時:2017年12月1~3日
開催地:フランス・ニース
フォーマット:チーム・シールドおよびチーム共同デッキ構築モダン




2017年開催のプロツアー予備予選(PPTQ)ならびにプロツアー地域予選(RPTQ)のフォーマット
2017年に開催されるプロツアー予備予選(PPTQ)ならびにプロツアー地域予選(RPTQ)について、
各予選に対応するプロツアーおよび各予選のフォーマットが発表されました。

プロツアー2017#3
プロツアー予備予選(PPTQ)フォーマット:スタンダードまたはシールドデッキ
プロツアー地域予選(RPTQ)フォーマット:シールドデッキおよびブースタードラフト

プロツアー2017#4
プロツアー予備予選(PPTQ)フォーマット:スタンダードまたはシールドデッキ
プロツアー地域予選(RPTQ)フォーマット:スタンダード

プロツアー2018#1
プロツアー予備予選(PPTQ)フォーマット:モダンまたはシールドデッキ
プロツアー地域予選(RPTQ)フォーマット:モダン

プロツアー2018#2
プロツアー予備予選(PPTQ)フォーマット:スタンダードまたはシールドデッキ
プロツアー地域予選(RPTQ)フォーマット:スタンダード



2017年モダンのプロツアー除外について

モダンに対するウィザーズ社の見解は、記事によると


(抜粋)
私たちはかつて一度、2015年シーズンに、モダンのプロツアーを廃止しました。
この決定はブーイングの大合唱を受け、すぐに撤回されました。それでは、なぜ今もう一度廃止しようというのでしょうか?
その主な理由は、毎年2ブロックに(して、スタンダードのローテーションも年2回に)したことなどによって、スタンダードを2015年当時よりもずっとダイナミックにしたことです。
新しい4つのスタンダードのプロツアーは、1年を通して様々なデッキを見せてくれることになるでしょう。
そして、停滞の危険性を避けるために様々なフォーマットを使う必要も大きく減ることになります。


シールド、ドラフト、スタンダードをプロツアーで採用することにより、
新しいカードをプロツアーで新しいタイプのデッキタイプを見ることができます。
しかし、今後のモダンを見れる環境はあるのか?公式が考える「モダン」について

(抜粋)
モダンは:
・マジックをプレイする楽しい方法である
・自分のコレクションを調べて、使い込んだデッキや近い過去の慣れ親しんだ戦略を拡張できる
・スタンダードでよく見かけるようなものとは違うタイプのデッキやゲームプレイを提供する
ローテーションで使用不可能にならず、デッキを長い間使い続けることができる
・再録可能なカードからなる
これらは簡単なものです。
これにもまして、モダンは:
たくさんのアーキタイプが存在する、多様な最上位メタゲームを持つ
・高速で一方的なデッキ(4ターン目に入る前に安定して勝てるデッキは危険信号)に支配されない
・新しく印刷されたスタンダードのカードがフォーマットに影響を与えられるようなパワーレベルにある(モダンにカードを導入する方法は他には存在しない。その中でカードやデッキが推移することは好ましいこと)
・上記すべての目標を満たす限り最小の禁止リストを有する



このように発表しています。
2018年のプロツアー予備予選にて「モダン」があるということは、2018年はモダンがあるのか?
今後の「モダン」の動向が気になります!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2017年はプロツアー「モダン」を除外・プロツアー・ワールドマジックカップのスケジュール公開へ
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
[`grow` not found]
Share on GREE

  【ニコニコミュニティ】
ギャザ速Act2の生放送
ギャザ速 M:tGデッキレシピギャザ速 黒スレ ギャザ速 黒スレギャザ速 雑記




PRゾーン

('д`)ノ < 広告ですよ

関連記事

MTG素敵リンク

コメントはまだありません »

コメントを残す